スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボートレーサー(競艇選手)になるためには (試験概要)

※現在こちらのページは更新しておりません。
 最新情報はこちら
http://teigaku-kyotei.com/exam/subject/

-----------ボートレーサー(試験)の特徴------------------------


① ボートレースを全く知らない初心者でも1年でプロレーサーになれる!

日本にはアマチュアボートレーサーが少数いるが、ほとんどの合格者がボートレースを未経験で受験し、合格している。試験合格後1年間のやまと学校の寮生活によりプロのボートレーサーの資格が得られて、プロボートレーサーとして各地ボートレース場でデビューできる。


② 平均年収が1500万円と高額である

ボートレーサーは平均年収が1500万円と公表されている。プロスポーツの世界では完全実力主義であり、本人の実力次第で収入がアップする。賞金王を2億円以上となる。年収1億円も夢ではない。


③ 女性レーサーが多数活躍中!

ボートレーサーは他のスポーツと違い男性レーサーに混ざってレースをする。もちろん女性だけのレースもあるが、男性レーサー以上に活躍している女性レーサーが多数存在している。男女平等のスポーツといえる。


④ 試験は年2回行なわれる!

ボートレーサー試験は年2回行なわれるため多くの受験生にたくさんのチャンスがある。だから複数回受験している人が多い。


⑤ 15歳以上30歳未満・身長172㎝未満・体重55キロ以下(女子50キロ以下)の人は誰でも受けれる!

106期以降受験資格の上限が30歳未満になり、多彩の経歴の人が受験するようになった。また、172㎝未満の身長の人は減量すれば55キロ以下の体重は簡単に達成するので、幅広い人が受験できる


----------募集要項--------------------------------------------


ボートレーサー試験機関の「やまと学校」が出している受験要項です。
次の受験期は116期試験です。※募集は終了しました。次は116期試験です。

やまと学校にリンク
第115期選手養成募集内容

第115期選手養成募集説明会


願書はお近くの財団法人モーターボード競争会の各支部にもらいに行こう!!
願書があるお近くの支部チェック

ネットでも可→こちら



----------受験科目---------------------------------------------

ご自宅でいつでもこれらのすべての科目の完全対策ができます
→ ボートレーサー試験完全攻略講座

【1次試験】

学科試験:国語・数学・理科・社会(高校入試程度の内容)
体力試験:伏臥上体反らし・立位体前屈・握力・背筋力・垂直跳び)

※試験の詳細はブログに書いてあります。

【2次試験】

体力試験:持久走(1500m走)、開脚体前屈、乗艇姿勢、間接柔軟、上体おこし、50m走、反復横跳
適性試験:操縦、処置判断、手腕作業、運動調整力、速度見越し、動体視力、目と手の供応動作、深視力、能力判断、安全性心理、心理的競技能力、作文


※試験の詳細はブログに書いてあります。

【3次試験】

面接試験、病院にて身体・適性検査

※試験の詳細はブログに書いてあります。

----------1次試験の流れ(過去一般試験の例)-------------------------------

お近くの試験会場に到着 → 受験表をもらい受験番号確認 →受験番号の席に着席し学科試験開始

学科試験: 国・数・理・社の4教科の試験用紙がいっぺんに配られる →60分以内に1教科10問(五択の問題)をマークシート方式で解答していく(4教科どの問題から解いても良い) 

→学科試験が終了し、受験番号ごとに体力試験を開始

体力試験: 伏臥上体反らし・立位体前屈・握力・背筋力・垂直跳びの5科目を一個ずつ試験官によっておこなう

→全員が終了しだい2次試験の説明があり、1次試験終了



----------2・3次試験の流れ(過去一般試験の例)-------------------------------

※期によって多少異なる場合があります

★ 1日目

柳川駅集合(10:00) → 受験番号と名前と支部を言って支部ごとにバスに乗りやまと学校へ → バスの中でやまと番号を教えてもらう → やまと学校の入り口で体重・身長検査 → 荷物を持って講堂に入り、自分のやまと番号の椅子に座る → ゼッケンをもらい持ち物検査・持ち物の回収 → 居室に移動、荷物を運ぶ → ベッドメイクの指導 → 昼食(12:00) →IQ・労研試験 → 夕食(17:00) → 乗艇・操縦の説明 → 自由時間(入浴など) → 掃除 → 点呼見学 → 消灯準備 →消灯(22:00)
【合間の時間は居室待機】

★ 2日目

起床(6:00) → 点呼見学 → 掃除 → 朝食(7:00) → A班は体力試験・柔軟・教練・1500m走・50m走、B班は操縦試験 → 昼食(12:00) → A班は操縦試験、B班は体力試験(上記A班と一緒) →夕食(17:00) → 作文 → 自由時間(入浴など) → 掃除 → 点呼見学 → 消灯準備 → 消灯(22:00)
【合間の時間は居室待機】

★ 3日目

起床(6:00) → 点呼見学 → 掃除 → 朝食(7:00) → A班は適性試験A・B班は適性試験B → 昼食(12:00) → A班は適性試験B、B班は適性試験A →夕食(17:00) → 環境整理 → 自由時間(入浴など) → 掃除 → 点呼見学 →消灯準備 → 消灯(22:00)
【合間の時間は居室待機】

★ 4日目

起床(6:00) → 点呼見学 → 掃除 → 朝食(7:00) →荷物を講堂に運んで、講堂にて二次試験合否発表(番号を呼ばれなかった人は荷物返却後、柳川駅までバスで移動) → 合格者は荷物を居室に移動する → 何も持たず講堂に集合 → 三次試験の面接を順次開始(待ち時間が長い) → 昼食後、即講堂集合、引き続き面接(待ち時間が長い) →  夕食(17:00) → 環境整理 → 自由時間(入浴など) → 掃除 → 点呼見学 → 消灯準備 → 消灯(22:00)
【合間の時間は居室待機】

★ 5日目

起床(6:00) → 点呼見学 → 掃除 → 荷物を持って講堂に集合 → やまと学校からバスで聖マリア病院へ移動 → 病院での各種検査(血圧、血液検査、胸部のレントゲン、直腸検査、睾丸検査、深視力、聴力検査、視野の広さ、間接柔軟、書字、色覚、視力、体重、身長など) →検査後、各自解散(14:00)



----------近年の試験倍率・動向---------------------------------------------

近年の試験倍率は以下のようになっています。例年誤差はありますが、一般試験はあまり変わりません。
☆最終合格者を艇学グループから70%を出しています。5期連続合格者を輩出中です☆
→ 推薦文・合格実績・受講生の声

※以下やまと学校HP参考
(全体)
受験者数:約1300人~1700人
1次試験合格者数:約160人~180人(倍率:約8倍~10倍)
2次試験合格者数:約65人~70人(倍率:約2.5倍~3倍)
最終3次試験合格者数:約30人~40人(倍率:約2倍)

(女子)
1次合格者数:約25人~30人(今後増加傾向)
2次合格者数:約10人(倍率:約2.5倍~3倍)
最終3次合格者数:約5、6人(倍率:約2倍)

(特別試験)
113期合格者数:0人
112期合格者数:0人
111期合格者数:1人
110期合格者数:0人
109期合格者数:0人
108期合格者数:2人
107期合格者数:3人
106期合格者数:4人(特別試験新設期)

(スポーツ推薦)
113期:5人
112期:10人
111期:13人(スポーツ推薦新設期)

艇学の最新情報はメルマガでメルマガ登録
スポンサーサイト
プロフィール

競艇学校の登竜門の【艇学】

Author:競艇学校の登竜門の【艇学】
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。