スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メール相談件数500件突破!ライバル達はやっている!【艇学ブログ】

全国のボートレーサー試験受験生の皆様こんにちは。

ボートレーサー試験対策の艇学です。

艇学のメール相談・質問件数が500件突破してました!!

ご盛況ありがとうございます!

もうこれは、ボートレーサー試験コンサルタントって感じですね。笑

記念に(?)アメブロからのメッセージでの相談や質問を停止し、

いつものブログに書いてあるteigaku108@gmail.comからの相談のみとします。

両方管理するのは大変ですので申し訳ありません(ノ_・。)

さてさて、そのメールの中でたくさんの質問、相談、決意文などを頂いて、

受験生のボートレーサーへの情熱がヒシヒシと伝わってくるので、

私もやりがいがあります。私も暇を見つけてはボートレーサー試験の情報収集や

研究をしています。(ブログの方をおろそかにしてしまってすいませんm(_ _ )m)

くるメールの中でも、結果を報告してくれたり、するととても嬉しいです。

先日入学した110期試験合格者も合格時に数名メールを頂きました。入学日前日も決意文などを送

って頂いた人もいて、とても嬉しく思います。入学式の記事や、やまと学校のホームページなどを見る

と自分が合格後支援していた人の名前とかあるとカナリ嬉しいものですね!

なにせ名前だけしか知らなく顔も見たことないので、全然実感が湧かないですから。笑

また、最近では、スポーツ推薦枠を獲得した人から数名メールいただきました。

なんかスポーツ推薦枠は支部の人が願書を見て、該当者の中から支部ごとに面接をして最終的にスポー

ツ推薦枠受験者を決定するというやり方でやってます。また、支部ごとに50名に1名スポーツ推薦枠

を出すそうなんですが、1500人受けたとしたら30人がスポーツ推薦枠となります。

私の予想だと、111期は0名~2名スポーツ推薦枠の人が合格するとみています。

また、スポーツ推薦枠を取れる傾向としては、大会での成績が最も大きな争点となっているのではないかと思います。

例えば、○○大会優勝とか全国大会ベスト○とかです。競技に限らずそういう人をスポーツ

推薦枠受験させようとしている傾向が見られますね。


そんなこんなで、話は変わりますが、たまにこのようなメールを頂きます。

「一日何件メールきますか?ライバルの動向が気になります」
「他の受験者はどのくらいですか?」
「他の受験者が対策をやっていると思うと焦ります」
「他にこんな人いますか?」


などです。

そうだ!!

ライバル達はやっているだ!!

っていつも私は「はっ!」とさせられる。(別にボートレーサー試験を受けようと思ってないが)

ライバル(他の受験者)意識することは焦りやプレッシャーがかかります。

なにせ、自分を評価され、他人と比較されるからです。

前にも言ったように人は比較されたり、評価されることに、とても過敏に反応します。

もともと、村社会の日本にとっては組織内での自分の評価などが余計に気になる民族だと言われています。

その中で、ライバルの存在により、自分の能力が十二分に発揮できる人と全然発揮できない人と2パターンに分かれます。

前者は、ライバルが成長することによっての焦りやプレッシャーを良いモチベーションとしている人です。一流のプロには多いタイプです。

後者は、ライバルが成長することによって焦り、プレッシャーがかかり、過敏に気にしすぎて、トレーニングに手がつかない人です。

あなたはどちらですか??

良くこんな言葉があります。

『ライバルは愛すべきの仲間だ』

スポーツ界のトップ選手に限らず、何かの分野を極める人には因縁のライバルと言われる人が必ず存在

します。

有名どころでいうと、「浅田真央VSキムヨナ」とか「楽天の田中VSハンカチ王子斉藤」とか

柔道の「井上康生VS鈴木桂治」とか「北島康介VSハンセン」とか・・・「ブラマヨVSチュートリアル」

皆さんが印象に残るライバルは誰ですか?

こういった人たちは、互いにを意識し、能力を認め合い、触発しあって競争しています。

それによって自己成長があるのです。

ボートレーサー試験を受験の皆さんも他の受験者を意識し、高め合うような人間であってほしいと

思います。

『ライバルは愛すべき仲間だ』

メールで頂いた、皆さんの愛すべき仲間で印象に残ったメールを紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(ここから)
HP拝見させて頂きました。有益な情報、本当にありがとうございます。

すべてが手さぐりでしたので、何をしたら良いのか分からなかったのですが
今は、勉強、柔軟、運動と目標を決められました。本当に助かります。

(省略)

全力で合格したいと思いますので、今後ともご指導ご鞭撻のほど賜れますよう
お願い申し上げます。



以下、私事ですが、自己紹介をさせて頂きます。

モンキーターンを読んだ時から(ありきたりでね(笑))、
身長のない時分にはこれしかない!と思っていましたが、
視力の関係で自分が20才くらいの時には受験することが
できず諦めておりました。

今年の2月頭のこと
長らく競艇から離れていたのですが、エルゴラッソという
サッカー新聞で私が応援するチームが一面だったもので
購入したところ、裏一面にアッキーナがボートレーサーを
募集しているではありませんか。

そういえば、年齢も視力もダメだったなーと思っていたところ、
応募資格「昭和56年10月2日以降に生まれたもの」との記載。

ん。。。?
あれ?いつから年齢が。。。?
そういえばレーシックもOKになったんだよな。。。

「ええええええええええええええええ!!!」
と目を疑いました。

情報収集をしていなかったといえば、それはアレですが。
運命を感じました!

周りにもそのことを話ましたが、賛成してくれました。
ずっと、競艇選手が夢だったという話をしていたことを
大事に思ってくれていたそうです。
ちなみに私は○○○生まれで、今回が最初で最後のチャンスです。

それだけに、すべてをかける思いがありますので。頑張ります!
「情報は力なり」が私のモットーですので、情報を探していたところ、
このホームページに辿り着いた次第でございます。
本当にありがとうございます。


P.S.
現在応募資格の視力と体重と格闘中です(汗

視力はレーシックが必要ですが、受験すると決めてから
2週間で手術しました。もう1.5見えています。

一番の難敵は体重ですね。
何せ、サラリーマン生活で蓄えた体重を
1か月で、10キロ落とさなければなりませんから。。。

応募期間終了まであと、残り13日、測定まで残り11日です。
64.5kg(2/6) -> 57.3kg(3/3)になりました。あと2.3キロです。
まだまだ落とせそうな脂肪が目視できますので何とかなりそうです。

まずは受験できることになりましたらご報告させていただきます。


<艇学>
この方は見事に減量を成功させ、受験資格を得れた報告を頂きました。

行動力と熱意と減量の努力はとてつもないと思います。

ラスト1回のチャンスにかける思いは半端ではないです。

もし失敗したとしても一生懸命やれば後悔することはないかと思います。

尊敬します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつも更新楽しみにしている者です。

いきなりですがこの度仕事を辞めて本気でボートレーサーになることを決めました。
いきなりこんな事を言われても困ると思いますが、僕がそう決心したのは昔ラグビーをしていたのもあり、何かまた勝負の世界で生きたいなぁと思っているときに艇学さんのブログを発見し見ている内に沸々とこみ上げてくるものがあり1度の人生やらずしてする後悔はしたくないと思ったからです。
なので僕の人生を変える第一歩となった競学さんのブログと競学さんには本当に感謝しています。
一言お礼が言いたくて突然メッセージ送らせていただきました。
ありがとうございました。

これから艇学さんの書いてくれた試験対策を基にトレーニングに励み合格を目指してやっていこうと思います。
これからも更新楽しみにしていますo(^-^)o

本当にありがとうございました。


<艇学>
仕事を辞めて受験にくるこの勝負師具合がいいですね。(私も辞めて受験しました)

また、このブログがきかっけとおっしゃってたんで、凄く嬉しく思います。

そうですね。人生を降り返ってみたら、

やって後悔することなんて一個もないです。

やらずに後悔することはとても多いと思います。

なんでもなるだけやってみることが大事ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
初めまして

いつもブログ楽しみにします。

私は、将来の職業でボートレーサーしか考えられません。

艇学さんのブログは今まで、試験のことを調べようとしても出なかった

とてもためになる情報がたくさん書いてあり、

考え方もしっかりしていてとても尊敬しています。

まだ高校生なんですが、部活をやりながら、

試験対策を今日からやろうと思います。

まず初めに何をやったら良いでしょうか?

<艇学>

まだ受験資格がないときから試験対策をするとは、なかなかの強者です。

皆さんも若い者に負けないようにしましょう。

(ここまで)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうだったでしょうか。

いよいよ、試験も1ヶ月をきりました。

ライバル達は今もバリバリ対策をしています。

是非、愛すべきライバルに負けずに頑張って下さい。


<艇学格言>

何でも思い切ってやってみることですよ。どっちに転んだって人間、野辺の石ころ同様、

骨となって一生を終えるのだから。

BY 坂本龍馬


※試験に関する内容や考察内容につきましては、あくまで当時のものです。
現在は異なっている可能性があります。
試験内容の最新情報や艇学の最新情報入手はメルマガで
メルマガ登録




本日のブログはこれまでです。
いつもご愛読ありがとうございます。次回をお楽しみに!!

☆好評発売中☆ボートレーサー試験をゼロからでも1発合格できる完全版
http://teigaku-kyotei.com/lp

■艇学の協力者とメディア実績を紹介します
http://teigaku-kyotei.com/partner/index.html

■艇学を利用して合格した方からの感想を頂きました
http://teigaku-kyotei.com/voice/

■合格者も多数推薦しているセミナー開催情報のチェックお願いします。
http://teigaku-kyotei.com/seminar/

■艇学に通学しませんか?
http://teigaku-kyotei.com/guidance/

■ボートレーサー試験概要をチェックしよう!!
http://teigaku-kyotei.com/exam/subject/

■ツイッターをフォローして合格情報を得よう!!
http://twitter.com/intent/user?screen_name=teigaku_kyotei

■相談してみよう!!合格診断もやってます!!
http://teigaku-kyotei.com/contact/

■艇学の公式HPも常に更新していますので、チェックお願いします。
http://teigaku-kyotei.com


スポンサーサイト

1次試験の体力試験について【艇学ブログ】

全国のボートレーサー受験生の皆さんこんにちは。

ボートレーサー試験対策の艇学です。

東関東大震災が発生してから1ヶ月がたちました。

多くのメディアが地震のことでまだ持ち切りですね。

被災した方などはボートレーサーの対策どころではないと思いますが、

1次試験まであと33日となりました。

是非、暗い気分にならずに対策を徹底的に頑張って下さい!!

試験対策をすることは「不謹慎」ではないですからね。笑

「不謹慎」と言って対策をサボらないで下さいね!!

学科対策もちゃんとやって下さい!(体力試験が勝負だと思っている受験者が多いから)

何度もいいますが、学科試験をおろそかにしている人は

1次試験は合格できません。

学科命です!!


さてさて、

しかしながら、最近、体力試験はどのくらい取ったら合格できるかの質問が多いので、

ちょっと触れない訳にはいかないので書きたいと思います。


このブログでは、学科試験の対策を多く書いてますが、

1次試験の体力試験についてはあまり触れてません。

それは、1次試験は学科勝負だからです。

なぜそういえるか?

学科の方が点数配分が高いから。

あともう1つ!!

体力試験ではあまり差がつかない!

つまり、体力試験は多くの人の成績は均衡します。

均衡している人の中で学科試験が他の人よりできている人と

均衡していなく頭一つ出ている人の中で学科試験もそこそこできている人が合格します。

学科試験ができていない人はほとんど合格しないと思ってもらっても良いです。

こんなことを言うと「体力試験が勝負だ!」という異論を唱える人がたまに見られます。

そういう人は、良く考えて下さい。

そもそもボートレーサー試験に運動が極端に苦手な人が受験しますか?

運動神経が平均、または平均以上の人が受験してくると思いませんか?

そしてプロスポーツ選手を一生の仕事として選択する以上

ほぼ確実に体力トレーニングをして受験してくる人がほとんどです。

正直、体力試験については学科試験ができれば日本人の平均的な体力試験の成績で合格できます。

これはさすがにクリアできる人が多いのではないでしょうか。

だから、学科試験が大事なんです。

精神的比重を学科試験に持っていくことがボートレーサー試験を効率的に合格できる方法なんです。

そのことを念頭に本題に入ります。

1次試験の体力試験がどのくらいで合格できるか?です

受験者へのプレッシャーを含めこの位取れば安心できるという数値を書きたいと思います。

多くの人のデータを集めて出した数値です。

注意してもらいたいのは、何度もいいますが、学科試験がある程度できているという前提で考えて下さ

い。

1次試験の科目は、

①背筋力②握力③立位体前屈④上体そらし⑤垂直飛び

です。


①背筋力・・・・・150キロ以上

②握力 ・・・・・左右平均50キロ以上

③立位体前屈・・・・20センチ以下

④上体そらし・・・・60センチ以上

⑤垂直跳び ・・・・60センチ以上

です。

なかなか⑤は伸ばしにくいのですので、もし⑤が苦手な人は

他で点数をかせいで下さい。

筋力も柔軟も努力すれば、ちゃんとこの数値を達成できます。

もちろん、これ以上取れば合格率はあがります!!

また、この数値より低い人も学科ができていればいくらでも合格しています。

みなさん努力を怠らずに見えないライバルと戦っているつもりで

対策頑張って下さい!!

※試験に関する内容や考察内容につきましては、あくまで当時のものです。
現在は異なっている可能性があります。
試験内容の最新情報や艇学の最新情報入手はメルマガで
メルマガ登録



本日のブログはこれまでです。
いつもご愛読ありがとうございます。次回をお楽しみに!!

☆好評発売中☆ボートレーサー試験をゼロからでも1発合格できる完全版
http://teigaku-kyotei.com/lp

■艇学の協力者とメディア実績を紹介します
http://teigaku-kyotei.com/partner/index.html

■艇学を利用して合格した方からの感想を頂きました
http://teigaku-kyotei.com/voice/

■合格者も多数推薦しているセミナー開催情報のチェックお願いします。
http://teigaku-kyotei.com/seminar/

■艇学に通学しませんか?
http://teigaku-kyotei.com/guidance/

■ボートレーサー試験概要をチェックしよう!!
http://teigaku-kyotei.com/exam/subject/

■ツイッターをフォローして合格情報を得よう!!
http://twitter.com/intent/user?screen_name=teigaku_kyotei

■相談してみよう!!合格診断もやってます!!
http://teigaku-kyotei.com/contact/

■艇学の公式HPも常に更新していますので、チェックお願いします。
http://teigaku-kyotei.com


プロフィール

競艇学校の登竜門の【艇学】

Author:競艇学校の登竜門の【艇学】
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。