スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

110期試験解答速報①!!【艇学ブログ】

こんばんは!!

艇学です。

110期ボートレーサー1次試験を受験した皆さんお疲れ様でした!!

私も色々な人から今日の試験の問題の質問があり、

忙しい一日でした。(笑)

でも、試験を受けた方達はもっと緊張と達成感で疲れているのかと思います。

今日は、出題された試験問題についてブログをがっつり書こうか、

それとも、1次試験のことを忘れて、2次試験対策の準備を促すべきか

迷いましたが、やはり受験生の立場から考えると試験問題に書くべきだと思い、

今日は、出題された試験問題について書きます。

本当は、1次試験のことを忘れて、2次試験対策の準備をした方がいいのですが(笑)


まず、110期の今回の試験で、最も質問があった問題を解説します。

それは、数学の問題で、白い玉と黒い玉の問題です。




答え:42個

解説(簡単にやります)

Ⅰ.まず、白い玉と黒い玉の個数の合計をⅹとおきます。

Ⅱ.問われているのが、個数なので、白い玉の個数と黒い玉の個数を出しておきましょう。
  白い玉が全体の40%なので、黒い玉は60%です。

白い玉の個数=ⅹ×40%=0.4ⅹ・・・①

黒い玉の個数=ⅹ×60%=0.6ⅹ・・・②

Ⅲ.では、次に白い玉を14個少なくしましょう

①-14個=0.4ⅹ-14・・・①’

Ⅳ.白い玉を14個少なくしたら(①’)、25%になったということを個数の事象の式にしましょう。

①’=25%×(ⅹ-14)・・・③

Ⅴ.この方程式を計算しましょう。

 0.4ⅹ-14=0.25(ⅹ-14)・・・③’

 ⅹ=70

Ⅵ.つまり、全体が70個。では、黒い玉を求めましょう。

 ②に代入して、0.6×70=42

よって、答えは42個です。


これが、最も正当法ではないかと思います。
(解法が他にもいくつかあるのですが、結局一番分かり易く、一般的に勉強してきた人の解き方だと思います。)

見た感じ、この問題はとても基礎的な問題だと思います。1分位で解けるレベルだと思います。

では、なぜこの問題が難しいと感じられたのか?を分析しました。

そうしたら、この問題は、とても興味深く、そしてボートレーサー試験の特徴が出ている。おもしろい問題だと思いました。

まず、最も多くの人がⅣの「白い玉を14個少なくしたら、25%になった」という意味が理解できていなかったのです。

つまり、③の時点でつまづいてしまった人が多くいます。

間違えたパターンとして、③’の式を0.4ⅹ-14=0.25ⅹとしてしまう人が多かったと思います。

では、なぜそのように間違えたのか?

間違えたパターンの式は、「白い玉を14個少なくしたら、25%になった」ではなく「白い玉を14個少なくして、黒い玉を14個増やしたら、25%になった」の式です。

つまり、「白い玉を14個捨てた(取った)」と解釈すべきなのです。

だから14個捨てたということは、全体の数(ⅹ)も、もちろん14個減ります(ⅹ-14)

だから、「白い玉を14個捨てた」時点で、全体の数が(ⅹ-14)になったのです。

だからその時の個数は25%×(ⅹ-14)になるのです。

それが、最初にあった白い玉を14個少なくした個数とイコールなのです。

だから、0.4ⅹ-14=0.25(ⅹ-14)となるのです。


この問題のおもいろい点は、出題者は意図しているか、いないのか分かりませんが、

(たぶん、意図していない。意図していたらカナリできる人だと思う。笑)

「少なくする」という表現を使ったところです。これは、問題を難しくしている表現です。

「少なくする」でなく「取る」「減らす」だったら間違えた人もあまりいなかったのではないかと思います。



次に、なぜ「少なくする」という表現によって、できない人が多かったのか考察します。


普通に生活していて、数において、「少なくする」という言葉の意味は、「少なくする」の前に「~と比べて」という単語が、暗に省略されて使われてます。

つまり、”他(違う物)と比較して数を小さくする事”を言うと思います。

また、”時間の経過に伴い、以前の自(同じ物)と比較して数を小さくする事”を言うこともできます。

しかし、「取る」とか「減らす」を数において使うときには、”他(違うもの)と比較して数を小さくする事”という意味はほとんどなく、”時間を経過に伴い、以前の自(同じ物)と比較して数が小さい事”だけしか言えないと思います。

その「少なくする」の意味の幅が受験生を混乱させたのではないかと思います。

この問題の場合は、

A「黒と比べて数を小さくする」とも解釈できるし、(この場合、黒を14個増やしてもいい。)

B「以前の白の数と比べて数を小さくする」とも解釈できます。(この場合、黒を14個増やしてはダメ)

出題者が意図しているのは、Bです。

もし、「取る」とか「減らす」だったら、

Aの意味で解釈するのは無理で、Bの意味でしか解釈することができません。

だから、「取る」とか「減らす」だと問題が簡単になるのです。


ちょっと難しいと思った方に、たとえ話を・・・(分かった方は読まないでいいです。)


例えば、あなたが男女で合コンをするとします。

合コン当日に、男が6人集まり、女が2人集まりました。

その時、あなたはなんと言いますか??

たぶん「女の子少ない!!」と言うはずです。

その場合、”他(男の数)と比較して数が小さい事”を言っています。

男と比べて女が少ないのです。

しかし、この時「女の子取られてる!!」とか「女の子減ってる!!」とは言わないはずです。


「女の子取られてる!!」と言うときは、この合コンで、お酒などお喋りなどして、

時間が経ち、隣の席でのんでいた知らない男達に1人の女の子に奪われた時にいいます。

また、、「女の子減ってる!!」と言うときは、この合コンで、お酒などお喋りなどして、

時間が経ち、1人の女の子が帰った時にいいます。


この「女の子取られてる!!」と言う時に「女の子少なくなってる」とも言えます。

また、この「女の子減ってる!!」と言うときにも、「女の子少なくなってる」とも言えます。

これらの場合では、”時間の経過に伴い、以前と比較して、女の子の数が小さくなった事”を言って

います。


一番簡単にいうと、「少なくする」という意味は広い意味で使われる言葉で、色々の意味で使えるということです。しかし、「減らす」とか「取る」とかは「少なくする」より具体的に狭い意味で使われます


「少なくする」>「減らす」・「取る」

という感じです。



説明が長くなりましたが、そういうことで、感覚的に捉えてしまって、

多くの人が惑わされて、時間を取られたり、間違われたと思います。


本当のことを言うと、こういう問題は、「少なくする」の意味が2通りの解釈ができるので、

試験によっては、無効の問題となる時もあるのです。

しかし、この場合の競艇試験ではそれはありません。

なぜなら、選択肢ありのマークシートだからです。

2通りの解釈ができるときでも、選択肢の中から選ばなければなりません。

つまり、もし本当に答えが2つ出たとしても、選択肢の中に1つ答えがあったら

それが答えなのです。

決して、「解なし」として答えを空欄にしてはいけません。


ちょっと眠くなってきたので、今日はこれまでです。

次回は、この問題のアプローチの仕方と、

順々にその他の国、数、理、社の問題とを解説していきたいと思います。





<艇学からの報告>

このブログもおかげ様で1日で500アクセスを突破しました。
たくさんのお褒めの言葉、感謝の言葉、質問、大変ありがとうございます!
やる気がでます!!
より多くの人により良い試験の情報を提供したいと思いますので、試験経験者の方々、未経験者の方々問わず、是非メッセージなどで、質問、疑問、感想、情報の提供などを募集しています。
お気軽にどうぞ!!

※試験に関する内容や考察内容につきましては、あくまで当時のものです。
現在は異なっている可能性があります。
試験内容の最新情報や艇学の最新情報入手はメルマガで
メルマガ登録



本日のブログはこれまでです。
いつもご愛読ありがとうございます。次回をお楽しみに!!

☆好評発売中☆ボートレーサー試験をゼロからでも1発合格できる完全版
http://teigaku-kyotei.com/lp

■艇学の協力者とメディア実績を紹介します
http://teigaku-kyotei.com/partner/index.html

■艇学を利用して合格した方からの感想を頂きました
http://teigaku-kyotei.com/voice/

■合格者も多数推薦しているセミナー開催情報のチェックお願いします。
http://teigaku-kyotei.com/seminar/

■艇学に通学しませんか?
http://teigaku-kyotei.com/guidance/

■ボートレーサー試験概要をチェックしよう!!
http://teigaku-kyotei.com/exam/subject/

■ツイッターをフォローして合格情報を得よう!!
http://twitter.com/intent/user?screen_name=teigaku_kyotei

■相談してみよう!!合格診断もやってます!!
http://teigaku-kyotei.com/contact/

■艇学の公式HPも常に更新していますので、チェックお願いします。
http://teigaku-kyotei.com



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■数学

解説が丁寧ですね☆
数学でいえば「解が5の時、a=○」の問題と「x%400グラムと5%600グラムをたした時、x+○」の問題があやふやでした(^^;)答えは何になるんでしょうか?(^^;)

2 ■コメントありがとうございます!

>きみさん
遅くなってしまってすません!
はじめの問題をもう少し詳しく教えてもらえますか?
後の問題は、ⅹ%400gとⅹ+5%600グラムを足したときの問題ですよね?答えは、3です。

3 ■返事ありがとうございます

X+5%にしてしまいました…。
はじめの問題は詳しく覚えていないんです、すいません(^^;)
何かの方程式の解が5になって、aは何か答える問題でした(^^;)
あと国語でいえば、「父は会社に○○○ました」という問題で「行かれ」にしました。向かいましたかな~と思ったけど「向かい」が選択肢になかったので

4 ■無題

その問題は
伺いました
ではだめなんですか?
参りましたになるんでしょうか?

5 ■Re:無題

>たかさん
すいません!「参りました」ではないです。
問題自体が丁寧語にしろと要求していたようなので、
答えは「行きました」です。
「参りました」「うかがいました」は謙譲語で、
「いかれました」は尊敬語です。

6 ■Re:返事ありがとうございます

>きみさん
すいません!!
間違えました!!
自分も完璧に問題を把握していないもんで!
答えは「行きました」です。
問題に丁寧語にしろって書かれていたそうです。
プロフィール

競艇学校の登竜門の【艇学】

Author:競艇学校の登竜門の【艇学】
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。