スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボートレーサーと競艇選手との表記について【艇学ブログ】

こんばんは。

ボートレーサー試験対策の艇学です。

このブログにおいて競艇選手(ボートレーサー)とか

ボートレーサー(競艇選手)とか

どっちなんだよ!!

っと突っ込みたくなる人がいると思うのですが

試験受ける人は知っていると思うのですが、

協会は、平成22年から「競艇」改め、「BOAT RACE(ボートレース)」にしました。

つまり私が試験に受かった108期からボートレーサーというように統一しました。

これは何を競艇の協会側は何を狙ったのかというと

若い人達にも競艇を広めたい!

もっとメジャーなスポーツにするためカッコいいイメージをつけたい!

と願ったもの。

確かに今公営競技は縮小傾向にある。

オートレースとかはかなりやばい状況ある。

だから競艇の協会側はこの状況を打開すべく、動き出した。

やまと競艇学校の入学式でも会長などの幹部の方は

口をそろえて

「今年は変えてみせます!」

と言っていた。

つまり、競艇復興に今とてもアクティブに動きだしている!

狙いは若年層だ!

CMでも、千原ジュニアと南明菜を起用し、

若者をターゲットにしている。

若者が世の中の流行や風潮を作り上げるのは当たり前のことだ。

それができなければ、どんどん衰退してしまう。

競馬にいたってはそれを見事に成功させた。

本来、公営競技はギャンブル性が強く、中年男子の遊び場であるというイメージが強かった。

しかし、現在の競馬場を見ると、若い男や女性までいる。

なぜかというと、テレビCMやイベント、「武豊」効果などでイメージ戦略を行い、

それに成功したからだ。

今、競艇はその岐路に立たされている。

競馬のような、「武豊」騎手のようなカリスマ的な選手を望んでいるのだ。

是非、このブログを読んでいる人にそういう選手になってほしい。

だいぶ話がそれたけど、そのような競艇の協会側のやる気をくんで 


「競艇選手」ではなく、





まだ知名度が低い「ボートレーサー」と書くことにしようと思う。
















未来のスター選手は君だ!!


※試験に関する内容や考察内容につきましては、あくまで当時のものです。
現在は異なっている可能性があります。
試験内容の最新情報や艇学の最新情報入手はメルマガで
メルマガ登録



本日のブログはこれまでです。
いつもご愛読ありがとうございます。次回をお楽しみに!!

☆好評発売中☆ボートレーサー試験をゼロからでも1発合格できる完全版
http://teigaku-kyotei.com/lp

■艇学の協力者とメディア実績を紹介します
http://teigaku-kyotei.com/partner/index.html

■艇学を利用して合格した方からの感想を頂きました
http://teigaku-kyotei.com/voice/

■合格者も多数推薦しているセミナー開催情報のチェックお願いします。
http://teigaku-kyotei.com/seminar/

■艇学に通学しませんか?
http://teigaku-kyotei.com/guidance/

■ボートレーサー試験概要をチェックしよう!!
http://teigaku-kyotei.com/exam/subject/

■ツイッターをフォローして合格情報を得よう!!
http://twitter.com/intent/user?screen_name=teigaku_kyotei

■相談してみよう!!合格診断もやってます!!
http://teigaku-kyotei.com/contact/

■艇学の公式HPも常に更新していますので、チェックお願いします。
http://teigaku-kyotei.com








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

競艇学校の登竜門の【艇学】

Author:競艇学校の登竜門の【艇学】
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。