スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

減量で私が気をつけた4つのこと【艇学ブログ】

全国のボートレーサー受験生の皆様こんにちは。

ボートレーサー試験対策の艇学です。

最近忙しくなり、更新が遅くなってしまって申し訳ありません。

外はとても寒くなりましたが、受験生の皆さんは

対策頑張ってますでしょうか??

外が寒いからといって運動するのがおっくうになる気持ちも分かりますが、

皆さんが目指す競艇学校では、朝っぱらから裸で乾布摩擦していることを

考えて、自分自身に気を引き締めて下さい!!


イヤ、今日から朝6時に起きて乾布摩擦するのも良いと思います。笑



今日はたくさんの質問がある減量の仕方について書きます。

まず、「艇学さんの体重と身長はどのくらいですか?」という質問が多くあるので、

そこから答えたいと思います。

私の身長、体重、体脂肪率は受験時は

163.5cm、50.1キロ(やまと体重)、7% 

受験4ヶ月前の体重、体脂肪率は

57キロでした。15%

そして今の体重、体脂肪率は56キロ、16%です。

全盛期のサッカーをやっていた時は

56キロ、7% 

やまと学校内では51キロ~53キロくらいをいったりきたりでしたね。

やまと学校では、筋トレを最初の頃やるので、結構体重が増えました。

私の体質は、筋肉質でももの筋肉が発達しすぎです。

(サッカーのせい)

カナリ邪魔でした。

体の見た目でいったら、合格者の中でも1,2位を争う位のマッチョだったと

周りの人から言われてました。


このことを参考に私の減量で気をつけていたことを紹介したいと思います。

大きく4つあります。

1、代謝を良くすること

2、必要な筋肉しかつけない(いらない筋肉を落とす)

3、カロリーを減らし、栄養管理

4、毎日の成果を見て、記録する


です。

1の代謝を良くすることは、

色々な本やネットを調べて代謝の良くする方法を実行し、

一番自分に合っている良い方法を選んでやりました。

特に、有酸素運動がとても効果的でした。

常に毎日摂取したカロリーを計算して、

平均基礎代謝を引いて

走って持久力を高めながら、残ったカロリーを消費をマイナスになるまで

走っていました。

これは、毎日やっていました。

ヘロヘロでしたね。笑

あと、サウナとかで水抜きをすることはあまりしませんでした。

むしろ水を結構飲んで、空腹をしのいでいました。

自分はコーラが好きなので、(今も飲んでいる)

ゼロカロリーのカフィイン抜きのコーラをいつも飲んでました。

これは、カロリーに関しては、ほとんど水と変わらないので

オススメです。

しかし、甘味料がステビアのゼロカロリーの飲み物が一番体には良いそうです。

代謝は運動と栄養と生活習慣が深く関わってきますので、

そこにもとても注意をしていました。


2の必要な筋肉しかつけない(いらない筋肉を落とす)ことは、

単純に筋肉は重いので、できるだけ大きい筋肉のトレーニングを避けていました。

また、太い筋肉をつけないようにトレーニングしていました。

特に胸筋なんですが、この筋肉ははっきり言って多くのスポーツでも

いらない筋肉ですし、

むしろ、競艇なんかはハンドルを切るときに邪魔になるので、

なるべく付けない方が良いと思います。

しかも、太い筋肉はいらないので、あまり負荷のかかる筋トレは一切していません。

ダンベルなどの重りを使った筋トレはほとんどやってないのですが、

気分転換にできるだけ軽いものを使い、

反復回数を増やすことをしていました。

逆に小さい筋肉には負荷をドンドンかけても良いと思います。

例えば、握力なんですが、これは、体重にあまり関わってこないので、

握力をやるときは負荷をかけたトレーニングをやっていました。

筋力トレーニングは器具を使わないトレーニングを中心にやっていました。


3のカロリーを減らし、栄養管理は、

多くのボートレーサー受験者が経験していると思うのですが、

カロリーがあるものはできるだけ食べないようにすること、

もはや、間食なんかは絶対しませんでした。

そういう生活をしていると、カナリ栄養が偏ってしまいます。

栄養が偏ると受験対策のやる気も落ちますし、

代謝も落ちますし、トレーニングの効果も圧倒的に落ちます。

だから、栄養にはメチャメチャ気を使うべきです。

私のその対策としては、サプリメントでした。

サプリメントはカナリ良いです。

偏らないようにビタミン系とかアミノ酸とか、マカとか、

目への栄養のブルーベリーとかはオススメです。

あと、ガストのカロリー抑えめの1週間メニューという

冷凍食品などを注文して家に取り寄せていました。


4の毎日の成果を見て、記録することは、

最も重要なのではないかと思います。

なぜなら成果を目で見て、次なる対策を立てられるし、

反省もできるからです。

私は、紙に体重目標と日付を書き、毎日体重を計った結果を書いて

いつでも見えるところに張り出していました。

そして、ご飯を食べるときもそれを見えるので、

カナリ、プレッシャーが自分にかかりました。

また、体の筋肉の確認を鏡で常にしていました。

これは、カナリの自己満ですが、

「今日はここの筋肉が付いたなぁ」

「ここの醜い脂肪がなくなったなぁ」

「なんて美しい体だ」

という具合に自分自身の体に愛着を込めて

成長させていました。

そうすると減量やトレーニングも楽しくなってくると思います。

自分の体に惚れていって下さい。笑



今日は簡単に私の減量方法を書いたのですが、

これからもちょくちょく減量の仕方をやっていきたいと思います。

※試験に関する内容や考察内容につきましては、あくまで当時のものです。
現在は異なっている可能性があります。
試験内容の最新情報や艇学の最新情報入手はメルマガで
メルマガ登録




本日のブログはこれまでです。
いつもご愛読ありがとうございます。次回をお楽しみに!!

☆好評発売中☆ボートレーサー試験をゼロからでも1発合格できる完全版
http://teigaku-kyotei.com/lp

■艇学の協力者とメディア実績を紹介します
http://teigaku-kyotei.com/partner/index.html

■艇学を利用して合格した方からの感想を頂きました
http://teigaku-kyotei.com/voice/

■合格者も多数推薦しているセミナー開催情報のチェックお願いします。
http://teigaku-kyotei.com/seminar/

■艇学に通学しませんか?
http://teigaku-kyotei.com/guidance/

■ボートレーサー試験概要をチェックしよう!!
http://teigaku-kyotei.com/exam/subject/

■ツイッターをフォローして合格情報を得よう!!
http://twitter.com/intent/user?screen_name=teigaku_kyotei

■相談してみよう!!合格診断もやってます!!
http://teigaku-kyotei.com/contact/

■艇学の公式HPも常に更新していますので、チェックお願いします。
http://teigaku-kyotei.com




<艇学格言>

夢を叶えるコツは狂ったように欲しがること

by 山本寛斎


山本寛斎さんについては良く知らないのですけど、この言葉を聞いてカナリ触発されました。
実際に受験生の方々も「ボートレーサーになれればいいなぁ」位に思っている人がいると思いますが、
狂ったように欲しがるストイックさも必要であると思います。
私も自分の夢に向かってもっとストイックになるべきだと反省しました。
偉大な人は狂人が多いともいわれてもいますのでね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■無題

僕も艇学さんとにていて18歳未満なのですがやはり病院で体重を測るときは52キロいかでないと厳しいですよね?募集開始が来月の1日からなのですが間に合うのでしょうか?

2 ■無題

因みに今は56.7キロです

3 ■無題

こんばんは!はじめまして!
競艇選手でワード検索したら
ここにたどりつきました!

この記事を読んで
ここまでしなくちゃいけないのか
と驚きました!!
私は身長、体重どちらも規定内なので
特に気にしていなかったんです
ただ試験でやることを
ちょこっとやってただけでした
…このままだとどう思いますか?

ちなみに選手だったんですか?

4 ■はじめまして。

年始の尼崎の女子のレースを見て興味を持ちました
しかし身長が165体重が52です女子でこれくらいの身長は不利ですかね?

5 ■無題

僕は18さい未満です 身長は157センチでひくいですが筋肉質なため減量してもいまギリギリ52です 筋肉落とすには運動しないほうがいいのでしょうか
それと18さい未満は受験するときに52キロ以下でわいけないとあるのですが
少しでも体重が52キロより多ければ一発で落ちますよね?

6 ■☆

お久しぶりです☆
この言葉はかなり心を掴みますねぇ!!!!
見た時ゾクゾクしました!!

7 ■Re:無題

>未来のレーサーさん
いつもコメントありがとうございます。
十分間に合うと思います。

診断の日まで、ボクシングの減量方法などを学べば良いと思います。
あと、あまり大きな声では言えないのですが、病院によっては、体重を減らして書いてもらえるところもあります。適当に運営している病院などはそうですね。
しかし、自己責任でお願いします。笑

8 ■Re:無題

>小波さん
コメントありがとございます。
減量に関しては、規定内だったら全然何も意識しないで大丈夫ですね。
しかし、試験の内容についてはきちんと対策を取られた方が良いと思います。
このブログを読み込んだら少しは対策のお手伝いできると思います。
頑張って下さい☆

9 ■Re:はじめまして。

>R1Eさん
コメントありがとうございます。
身長で不利はないと思いますが、体重の不利はあります。
実際にそのくらいの身長の女子も多くいますよ。
ボートピアなどで競艇選手の名鑑を無料でもらえるので、女子選手の身長、体重を参考にしてみても良いと思います。

10 ■Re:無題

>ゆうさん
コメントありがとうございます。
筋肉を落とすためには、運動をしないのは試験内容的にマイナスなので、試験の内容だけの運動をした方が良いと思います。
あと、いらない筋肉を落とす努力も必要であると思います。
52キロより多かったら一発で不合格です。
プロフィール

競艇学校の登竜門の【艇学】

Author:競艇学校の登竜門の【艇学】
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。