スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

111期1次試験直前、自信を持ってやるべし!【艇学ブログ】

全国のボートレーサー試験受験生の皆さんお久しぶりです。

ボートレーサー試験対策の艇学です。

111期1次試験があと3日となりました。

試験日こそ、今まで対策してきた成果が出る時です。

あと3日間ありますので、体調管理や確認を徹底して下さい。

あと3日間でできることは限られています。

艇学を常日頃読んで頂いたあなたは、もうすべきことは分かると思います。

以前110期1次試験前に書いたブログを読み返して、

気をつける点などを確認して下さい。


さてさて、108期が続々とデビューしているのですが、

108期やはり強いです。

江崎一雄のデビューから2着・1着・2着の快進撃にはさすがにビビリました。

もうすでにA1級と全然目劣りしないレースをしてますね。

オッズも江崎の人気は凄かったな。

江崎一雄・篠田優也・大崎 翔・木下翔太はもう連に絡むレースをしてますし、

これからもカナリいけるんじゃないでしょうか。

この108期の話でも実証されたと思うのですが、

よく質問にある

「年齢が若くないので今から学校行ってデビューして活躍できるか?」

という質問は解消したのではないでしょうか。

答えはもちろん「活躍できます!」

しかし、1年目で活躍できる人は活躍できるし、活躍できない人は活躍できません。

それは、どこの世界も同じですよね。

年齢は関係ない。

ようは努力次第ではないかと思います。

努力し続けることだと思います。

良くやまと学校の主任担当教官はこんなこと言ってました。

「チンタラやってる選手なんて1年で抜かしちまえ!」

「あんな奴ら簡単に抜けるぞ!」

と・・・

皆さんも早く合格してプロになってプロ選手を全員ごぼう抜きしてSG選手になって下さい!!

そのためには3日後に控えた1次試験にまず合格しなければなりません。

こんな質問を頂きました。

Q:いよいよ試験が今週になりましたね!試験についてです。艇学さんの場合、試験の本番の時に意識している事とかありますか??
・緊張しない方法
・実力以上の力を出す方法
・分からない問題の処理の方法
その他あれば教えて下さい。

とのことです。

この質問とリンクさせてブログとします。

実際のところこの質問の内容は、110期1次試験前のブログで書きました。

皆さん2010年11月5日と6日のブログの「試験の上で気をつける点」を良く読んでおいて下さい

これらの記事を読んでおくだけでも結構違うと思います。

ちょっとその内容に付け足しというか、私自ら実践していることを書きたいと思います。

緊張しない方法を書こう!!


そもそも前提として人は緊張するものです。

特に、試験に対しての思い入れが強い人とか対策を頑張ってきた人ほど緊張します。

適当に試験を受けている人は緊張しない。

艇学ブログを見ているあなたは本気でボートレーサーになりたいと思っているので、

少なからず緊張してしまうと思います。極度の緊張は焦りに繋がり最悪な事態を引き起こす可能性があります。

では、その緊張をほぐすにはどうすれば良いか。

「平常心」という言葉が競艇界ではよく使われていますが、

よく、試験とか試合は適度の緊張状態が一番能力を発揮すると言われいます。人それぞれ、経験や生ま

れ持ったものが違うので適度の緊張状態に持って行き方が違います。

私の場合は、中学の時からそうなんですが、試合前とか試験前には音楽を聴く習慣があります。

これは完全に中田英寿の影響です。

アップテンポの若干ふざけたノリの曲の音楽を聞きます。大体聴く曲を決めています。


音楽は人の気持ちを左右する効果がメチャクチャあるんです。

その最もおもしろく効果を出している例は、ドラマとか映画です。

こんな話があります。

ある看護士は職業柄、人の死に目に遭遇することが多くあった。最初は、患者がなくなったら悲しんで

いたが、そのうちに自分が担当している患者がガンガン亡くなっていっても、なんとも思わなくなった。
悲しくもないし、涙なんかでない。人間の命をとても軽く感じるようになってしまった。

それが、相当の悩みとなっていた。

ある日、その看護士は病院が舞台の映画を見た。その看護士は、患者が亡くなったシーンでボロボロと

涙を流し、悲しくなった。自分自身でもその湧き出る感情にビックリしたそうだ。

これはなぜ、こんな感情が湧き出たというと、もちろん感動的なストーリーもあると思いますが、

音楽の効果がとても大きいといいます。

映画やドラマでは、感動シーンには巧みに音楽を使ってきます。

音楽がない映画はボケがない漫才みたいなもので、全然面白くない。

音楽は人間の感情に突き刺すように入ってきます。

この音楽の効果を緊張状態の試験前の今、活用するのも手であろうと思います。

極度に緊張している人は、ゆったりした曲を聴いたりして自分をコントロールすることもできます。

しかし、2・3次試験とかやまと学校では音楽プレーヤーとか持ち込み禁止なので注意です。笑


緊張のほぐし方の例として、

ウサイン・ボルトの例を上げておきます。

ウサイン・ボルトは多くの人が知っているように、人類史上で最も足が速いと言われている男です。

彼は、オリンピックで自分の最高の能力を発揮し、世界新記録を量産していきました。

彼は、レース前に限らずレース中でも終始おちゃらけた感じです。

特に予選レースとかのおちゃらけ度は、見てて面白くなってきます。

本人いわく「ああいう風にしてないと自分の最高の能力が発揮できない」だそうです。

実は彼はカナリ緊張するタイプでこういうスタイルでない時は、良い記録を出せなかったそうです。

http://www.youtube.com/watch?v=wQyQ5h3tWuw&feature=share

でも、日本人がオリンピックでおちゃらけたとなるとカナリのバッシングを食らうでしょうね。笑

しかし、極度に緊張する人は、このおちゃらけてみる方法も一押しです。

是非、緊張でなにも手をつかない人は実践してみてはどうでしょうか。

ただし、敵を作る可能性があるので、あまり堅い人前でおちゃらけない方が良いですね。笑

また、話に戻すのですが、

他にも私が実践する緊張のほぐし方をもう少し紹介したいと思います。

それは、自信を持って試験に臨むことです。

細かくいうと、自信を持って楽しんで試験に臨むことです。

まぁ自信を持てば楽しくなるのですが。

では、どうやって自信をもって試験に臨むことができるのか?

試験本番では、周りが気になり、自信がなくなる人が多くいます。

多くの人がスポーツ経験者だから経験したことがあると思うのですが、

試合相手のメンバーを見て、「うわっ!強そう!」と思うことってありますよね?

その心境に試験前になって自信喪失する人が結構います。

「あいつ、あんな難しそうなテキストやっている!」とか

「あいつ、運動メチャメチャできそうだな!」とか

「あいつのテキストボロボロやんけ!めっちゃ勉強してきたんだな!オレやべー!」

とか思って、焦る人がいます。

はっきり言ってそんなことを思うのは損です。意味ないです。

周りを全然気にしないっていうのは、無理なので、

私は、試験会場に行って着席して、わざと周りを見回してこんな感じで思っています。

「人多いな。この中で合格するのは、オレ以外に誰だろ?」

ってな感じで他の人の心配までしてやります。そして、遊びで他の受験者を見て一人一人合格、不合格

を勝手につけて楽しんでいきます。(これはやんなくてよい 笑)

この思考がなぜ大切かというと、試験を合格するという前提で臨んでいる点です。

よく、受験のプロの人が、「合格する人はもうすでに試験に合格しているという精神状態で対策してい

るし、試験に臨んでいる」と言っています。

自分は合格するのが決定している人だ!という気持ちで試験に臨むと緊張もしないし、自信を持って

試験に挑めると思います。

また、「ドラゴン桜」という漫画で試験前に緊張をほぐす方法について紹介されてます。

『まず、トイレに行く。そして鏡に映った自分をみる。自分自身を客観的に観察する。鏡に映った
落ち着いているもう一人の自分と心の中で対話する。バカらしいと思うかもしれないがこれが効果抜群なのだ。だんだんと落ち着いてくることが実感できるはず。そして鏡の自分がこう言葉をかけて鼓舞してくれることを想像するのだ。「力は持っている」「いつも通りやればベストがだせる」と。』

『テストを受けるとき大切なことは落ち着くこと。試験開始の合図でまず目を閉じ、静かに深呼吸する。周りをゆっくり見渡し、他の人が問題を読んでいるのを見る。「ああ・・・みんな焦っているな」ってぐらいの気持ちになれば平常芯になることができる。』


こんな感じで自分にあった緊張のほぐし方を見つけてみて下さい。

ブログが長くなってしまったので、

次のブログでは、試験前に気をつける点の付け足しを書きたいと思います。

試験まであと少しです!!

悔いのないように、今までやってきたことに自信を持って、試験の準備をして下さい!!!

<艇学 格言>

強い人が勝つとは限らない。すばらしい人が勝つとも限らない。私はできる、と考えている人が結局は
勝つのだ。

BYナポレオン・ヒル


※試験に関する内容や考察内容につきましては、あくまで当時のものです。
現在は異なっている可能性があります。
試験内容の最新情報や艇学の最新情報入手はメルマガで
メルマガ登録



本日のブログはこれまでです。
いつもご愛読ありがとうございます。次回をお楽しみに!!

☆好評発売中☆ボートレーサー試験をゼロからでも1発合格できる完全版
http://teigaku-kyotei.com/lp

■艇学の協力者とメディア実績を紹介します
http://teigaku-kyotei.com/partner/index.html

■艇学を利用して合格した方からの感想を頂きました
http://teigaku-kyotei.com/voice/

■合格者も多数推薦しているセミナー開催情報のチェックお願いします。
http://teigaku-kyotei.com/seminar/

■艇学に通学しませんか?
http://teigaku-kyotei.com/guidance/

■ボートレーサー試験概要をチェックしよう!!
http://teigaku-kyotei.com/exam/subject/

■ツイッターをフォローして合格情報を得よう!!
http://twitter.com/intent/user?screen_name=teigaku_kyotei

■相談してみよう!!合格診断もやってます!!
http://teigaku-kyotei.com/contact/

■艇学の公式HPも常に更新していますので、チェックお願いします。
http://teigaku-kyotei.com


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■初めてコメントします。

江崎一雄選手、デビュー節で優出とはすごいですね。彼のスタート力とターンスピードはかなりの武器だと思います。明日の優勝戦を見るのが本当に楽しみです。

今回競艇選手の試験を初めて受けます。艇学さんの情報は本当に貴重でありがたいです。今後の更新、期待しています。

日曜日の試験、精一杯頑張ってきます。

2 ■Re:初めてコメントします。

>あみだんさん
コメントありがとうございます!
江崎選手は、気持ちが強いのでやってくれるでしょう。
是非、一発合格かまして下さい!!

3 ■初投稿です

1週間前にこのブログを見つけて、それ以来毎日拝見させてもらっています。
私は111期が初受験なので、正直もっと早くにこのブログを見つけることができればと少し後悔しています。
しかし艇学さんがおっしゃったように、自分が積み重ねてきたものを信じて、自信をもって挑みたいと思います。
これからブログを支えに頑張っていくので、更新を楽しみにお待ちしています。

4 ■Re:初投稿です

>戸田さん
初コメントありがとうございます。
そしてご愛読ありがとうございます!
自信を持って試験に臨んで下さい!
是非一発合格かましてやって下さい!
プロフィール

競艇学校の登竜門の【艇学】

Author:競艇学校の登竜門の【艇学】
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。