スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルスコープからみる面接対策【艇学ブログ】

全国のボートレーサー受験生の皆さんこんにちは。

ボートレーサー試験対策の艇学です。

先日、このブログで「リアルスコープ」という番組でやまと学校特集の告知をしましたが、

皆さんは見ましたか?

結構、あれからこのブログでも反響があり、

「ボートレーサーになりたいのですが、質問です!」

みたい感じで結構相談メールを頂くことが多くなりました。

また、それについては今度のブログにするにして、

テレビの効果というのは、今もすごいと実感しました。

土曜日のあの時間帯に放送しているので、

結構多くの人が見ていたのではないかと思います。

あの時間帯にバラエティー的な部分を全面的に出して

競艇学校を放送したのを見たのは私は初めてです。

これは何を意味するのか?


そう!!

これから、ボートレース業界はどんどん受験者を増やしたいという考えがあると考えられます。

前々からこれから試験の門戸を広げて、受験者をどんどん増やして、より競争を激化して、

より良い人材を取りたいということは聞いていたので、

今回のリアルスコープでの特集はボートレーサー志望の人が増えるきっかけになるのだと思います。

また、ボートレースをメジャースポーツにするように働きかけている活動も

最近よく見られますね。

アッキーニャとかはカナリ良い宣伝効果なのではないでしょうか。

カナリの広告費をかけていると思います。

特に若者にターゲットを搾った広告の仕方をしているのは目立ちます。

それにつれてどんどん受験者が増えるし、それによって良い選手が育てってメディアに取り上げられれ

ばボートレースの魅力ももちろんあがるだろうと思います。

そういうことでもちろん収益も増え、ボートレーサーにも恩恵が増えることも期待できます。



私的には関東でのボートレースの知名度をあげる必要がカナリあると思います。

日本の経済活動の核は、ほとんど東京にあるといっても過言ではないので、この巨大な市場と影響力はどの業界も無視できません。

受験時の私も含めて関東(特に中心都市)に住んでいる人はボートレースの「ボ」の字も知らないですからね。

「競艇」を知ったのは受験の時が初めてで、見たこともないし、賭けている人も周りに一人もいませんでした。

名前を知っている人はいますが、見たことがない人がほとんどです。

受験生に関してもカナリの温度差があるのを実感しています。

関東から受けてくる人はボートレースのことを何も知らない人が多すぎる。

東京などは多く娯楽があり、遊び場も腐るほどあります。それが理由でボートレースを見にボートレース場に行く人がまずいないと言われています。

ボートレース場に行く人は、親・祖父が好きとか友達や関係者にレーサーとかの人が多いと思います。

しかし、最もの原因は、

ボートレーサーで関東に強い選手が少ないことです!!

たぶん、九州の人や関西の人では信じられないかも知れませんが、関東でのボートレースの知名度は

カナリ低いし、特に若者については全然知らないと行っても過言ではないです。

「あ~あのアッキーニャの??」って人が多い。

ボートレース業界自体が、関東から良い選手が出てほしいと凄く思っているのはたぶん言うまでもありません。

関東でのボートレースの周知にこれからは力を入れるのではないかと思われます。


ボートレース業界自体を盛り上げたり、発展をするには、業界自体のイメージ作りはカナリ重要になってきます。CMなどテレビに露出するイメージ戦略はとても大事なことです。

しかし、莫大な費用をかけて築き上げてきたイメージを一発で崩すこともあります。

それは、八百長・選手による犯罪などの不祥事です。

これらがメディアで大々的に騒がれたら業界自体の不信感などはとてつもなくなると思います。

相撲業界を見れば一目瞭然だが、収益にもカナリ響きます。

もちろんレーサーの賞金にも響きます。

相撲は賭け事でないのでまだマシですが、それがボートレースのようなギャンブルだと不信感があったらファンがどんどん離れていってしまいます。

そのことを分かった上で、面接の対策をすると有効であると思います。

面接対策をする上で、

どんな人を必要としているのか??

どんな人がいらないのか??

を考えるのはとても重要であると思います。

面接対策として、そういう観点からアプローチするのも有効な対策です。

どういう人が求められているのかを

是非、リアルスコープをテレビで見た人は考え、

対策を立ててほしいと思います。


2次試験まで残すところあと約1週間になりました!!

悔いが残らないようにしっかりと対策をしましょう!!

艇学は応援しています!!


<艇学 格言>

この世に生を受けたこと、それ自体が最大のチャンスではないか!

BY アイルトン・セナ



※試験に関する内容や考察内容につきましては、あくまで当時のものです。
現在は異なっている可能性があります。
試験内容の最新情報や艇学の最新情報入手はメルマガで
メルマガ登録



本日のブログはこれまでです。
いつもご愛読ありがとうございます。次回をお楽しみに!!

☆好評発売中☆ボートレーサー試験をゼロからでも1発合格できる完全版
http://teigaku-kyotei.com/lp

■艇学の協力者とメディア実績を紹介します
http://teigaku-kyotei.com/partner/index.html

■艇学を利用して合格した方からの感想を頂きました
http://teigaku-kyotei.com/voice/

■合格者も多数推薦しているセミナー開催情報のチェックお願いします。
http://teigaku-kyotei.com/seminar/

■艇学に通学しませんか?
http://teigaku-kyotei.com/guidance/

■ボートレーサー試験概要をチェックしよう!!
http://teigaku-kyotei.com/exam/subject/

■ツイッターをフォローして合格情報を得よう!!
http://twitter.com/intent/user?screen_name=teigaku_kyotei

■相談してみよう!!合格診断もやってます!!
http://teigaku-kyotei.com/contact/

■艇学の公式HPも常に更新していますので、チェックお願いします。
http://teigaku-kyotei.com


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■二次試験受験

はじめまして。
僕は過去に七回ほど競艇試験を受験した25才です。

早速質問ですが、社会人の方で二次試験を
(三次も)受験されてる方は、
は、約一週間、試験がある訳ですが会社は何という理由で休むんですかね?
正直に試験とゆうんでしょうか?

ちなみに艇学さんの場合は‥?

お願いします

2 ■Re:こんばんは☆

>an eddying current a corpsさん
関東では意外に知られてないんですよね。

学校特集は、色々ハラハラしましたよ。笑
でもカナリみんな優しかったですね。笑

3 ■Re:二次試験受験

>競艇命さん
遅くなりましてすいません。
休む理由はカナリ問題ですね。
たぶん会社の雰囲気によると思うのですが、
「親族の問題」と言っている人が結構いるようです。しかし、会社の思想が柔軟だったり、会社はどうでも良いと思っている人は「試験を受けてきます」と言っているようです。
私は合格するつもりだったので会社を辞めました。笑

プロフィール

競艇学校の登竜門の【艇学】

Author:競艇学校の登竜門の【艇学】
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。